注文住宅で夢を叶える【コストを抑えることも可能】

不動産

東海地域での住宅の特徴

移住して住宅を建てる

不動産

静岡県は、温暖な気候と富士山からの豊富な水などの特色、東京や名古屋などの都会へのアクセスも比較的良く、地方都市ならではの暮らしやすい街が多くて、住宅を建てるのにも人気の土地です。静岡県は都市部よりも土地代が安いため、広めの土地が手に入りやすくなります。都市部では狭小住宅やマンションしか無理な予算でも、静岡県なら都心より大きな家も可能になります。そのため、都会に住んでいた人が移り住んで土地を探し、注文住宅を建てる家庭も増えています。便利で仕事の選択肢も多い都会に住むのもいいけれど、子どもを育てるには自然の残る地域や、遊ぶところも多い広々とした街で、家族で悠々と暮らしたいという要望も多くあります。

土地ならではの災害対策

静岡県と言えば、昔から東海地震の恐れへの危機感があり、耐震など住宅の安全には気を使っている特徴があります。最新の建築技術を取り入れた注文住宅なら、より揺れない構造や間取り、もし大地震で大きな揺れから逃れられなくても生き残れるような構造の住宅も可能となります。地震だけでなく、竜巻や台風、洪水など、日本では災害が多く、それぞれに対策をしなければいけません。一般の住宅にもこれらからの安全性が非常に求められている昨今です。構造、建材、間取りなど、工夫次第で災害対策も、日々の便利で快適な暮らしも叶えるような注文住宅にニーズが高まっています。静岡県で注文住宅を建てるなら、このこと二重点をおくのは必須と言えます。